夢色共和国

不思議な世界とつながっている?娘の話を中心に色々と思うことを書いています。胎内記憶。中間生記憶。

虹の時代へ

 

 

 

 

 前々回の記事

色とりどりの色鉛筆のような社会に - 夢色共和国

これからの社会は一人ひとりの個性を発揮できる色鉛筆のような社会になっていく」

という、かげした真由子さんの動画をご紹介しました。

 

私は、その内容が、

「色んな色の神様が増えて、私たち人間も自分のオリジナルの色の神様を目指せばいい」という夢ちゃんの話とシンクロしてる~!と喜んでいたわけですが。

 

 

 またまた一昨日アップされた「自分大好きもっちー」さんの動画を今見ていて、

「おおおお~!」

となったので、しつこくここにもご紹介させていただきます。

 

 


この動画を見つけたあなたは○○!言い当てます

 

 

もっちーさんは龍神の世界から見て、

「これからは虹龍の時代だよ。」とおっしゃっていました。

虹色のお洋服を着ていらっしゃいますね😊🌈

以下は内容を一部私が要約したものです。

 

虹龍は平成には人を指導するようなことはなかった。

個性を成立させることはとても難しいことだから、

色を混ぜて黒や茶色の制服を着ていた。

個性を出すと統制を乱すダメな人と言われる時代だった。

 

私たちの魂レベルが時代的に上がってきたから。

虹龍が人を指導し個性を発揮できる時代になった。

 

この時代に生まれた人は、

それぞれの色を生かすことを魂のテーマとして一つ持っている。

 

 

個性が尊重される時代になると聞いて心底安心しますが、現在の学校の様子を見ると、まだまだ先は長いかな~という感じもします。

子供たちは学校に行きたくない×100と毎日言っています。

学校に行かない子が増えてから学校は変わるのでしょうか。

それより前に変わることを切に願っています。

 

 

個性が悪とされる時代を顕著に表すような話があります(笑)

パパは、子供のころから我慢して適当に周りにあわせるとか、自分が納得していないことを行動に移すことが出来なかったようです。

時代に合わずに個性的過ぎて、小学校から中学校までの、すべての担任の先生にビンタされたらしいのです💦

今の時代からすると考えられないですよね。

「どの先生にも特別に可愛がってもらえた」とも言っていますが…😅

 

魂の赴くままに生きている姿は魅力的に映ります。

当時の先生方も、好き勝手なことをして全くコントロールできない子に腹を立てつつも、キラキラした魅力を感じてくれていたのではないかなと想像します。

 

 

f:id:yumeirosekai:20210131112813j:image

 

 

もう一つ、もっちーさんが動画の中で

 

黒が悪いという訳ではなくて、黒龍さんというのがいる。

黒龍さんはすべての色をまぜてそれを奥の方までやる。

 

白龍さんはなんでもいいよ~という感じ。

 

とおっしゃっていました。

 

黒龍さんと白龍さんの雰囲気が、夢ちゃんが話す黒い神様と白い神様のイメージにぴったり来て、色の持つイメージ、色が持つエネルギーやパワーについて、見えない世界について、また改めて面白いなと感じました。

私にとって見えない世界はまだまだ謎だらけですが、次々に面白い発見があり興味がつきません。

今までだったら手に入らなかった情報が、こうしてYouTubeで簡単に見ることが出来、「面白い世の中になったな~。」とにんまりしています。

 

 

 \ Twitterフォローはこちらから /

 

ラクルばかりの幸福な人生に変わる 七龍神の開運お作法